kuruntyan’s blog

ポケモンWCS勢のブログです。メタグロスが好きです!

奇跡の100位!?✝魔天降臨エルゲンマネロ✝

こんにちは!₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾

最近顔文字にはまっている

くるん(@kurun_poke)です。

 

 今回は7月15日にひゅう(@hyuu1047poke)さんが開催された仲間大会”ダブルボスラッシュ”に参加しました。そのときに使った構築を紹介したいと思います。

 

1.構築経緯

 今回の”ダブルボスラッシュ”に参加するにあたってどのような構築を使うかで、珍しいポケモンを使うか強いポケモンを使うかで迷っていました。助けを求めるべく、Twitterの方でこのような

f:id:kuruntyan:20180716210808p:plain

 アンケートをしたところ、1番票が集まったのはジュナイパーのような珍しいポケモンでした。このアンケート結果から、ジュナイパーのような珍しいポケモンを使うことに決定!

  その後、シード瞑想クレセリアといった積むポケモンや威嚇三銃士に嫌気がさしていたので、これらに強い画期的なポケモンがいないか、探します。

f:id:kuruntyan:20180717170137p:plain

 

f:id:kuruntyan:20180731170312p:plain

 最初は、黒い霧もちの勝ち気ミロカロスが思いつきました。しかし、黒い霧と勝ち気はアンチシナジーだと思ったので採用を見送りました。

 次に思いついたのが「ひっくり返す」持ちのカラマネロです。

 皆さんは「ひっくり返す」という技をご存知でしょうか?この技はマーイーカカラマネロの専用技で、指定したポケモンの全ての能力ランクを反転させるという効果です。

 例を挙げると、威嚇で攻撃が1段階下がっている味方のポケモンに対して「ひっくり返す」を打つと、能力ランクが反転し攻撃が1段階上がった状態になります。同じく、流星群で特攻が2段階下がった状態でも能力が反転し、特攻が2段階上がった状態になります。

  逆に、攻撃が6段階上がった状態の相手のポケモンではどうでしょうか?

 この状態でその相手のポケモンに「ひっくり返す」を使うと、能力が反転し攻撃が6段階下がった状態になります。

 ここまでの説明を読んでいただけたら、この「ひっくり返す」という技がとても優秀なことは分かりますよね。

 以上より、カラマネロを採用した構築を考えます。

・初期案①

f:id:kuruntyan:20180731211329p:plainf:id:kuruntyan:20180731211356p:plainf:id:kuruntyan:20180731211409p:plainf:id:kuruntyan:20180731211445p:plainf:id:kuruntyan:20180731211605p:plainf:id:kuruntyan:20180731211613p:plain

 フライトバトルで対戦した方にカラマネロを使っていたのでそれを参考に。その方は、エルフーンの枠がイルミーゼでした。レヒレメガリザードンYがアンチシナジーだと思ったので見送り。

・第2案

f:id:kuruntyan:20180731211329p:plainf:id:kuruntyan:20180731211428p:plainf:id:kuruntyan:20180731211409p:plainf:id:kuruntyan:20180731211445p:plainf:id:kuruntyan:20180731211613p:plainf:id:kuruntyan:20180731211856p:plain

 メガリザードンYとスカーフヒードランの相性が良さそう。エルフーンの特性は【ようりょくそ】。相手のランドロスが重そうだったので見送り。

・第3案

f:id:kuruntyan:20180731211428p:plainf:id:kuruntyan:20180731211409p:plainf:id:kuruntyan:20180731211445p:plainf:id:kuruntyan:20180731211613p:plainf:id:kuruntyan:20180731211856p:plainf:id:kuruntyan:20180731211605p:plain

 2メガとカラマネロが思ったより難しそうだったのでメガリザードンYを解雇。カラマネロの「ひっくりかえす」とシナジーが少なかったので見送り。

・第4案

f:id:kuruntyan:20180731211428p:plainf:id:kuruntyan:20180731211409p:plainf:id:kuruntyan:20180731211445p:plainf:id:kuruntyan:20180731212801p:plainf:id:kuruntyan:20180731211856p:plainf:id:kuruntyan:20180731212815p:plain

 ここでチョッキマンダが登場。マンダと相性が悪いレヒレを解雇し、ミトムを採用。カプ枠を採用しないことと相手のテテフが重かったので見送り。

・第5案

f:id:kuruntyan:20180731211428p:plainf:id:kuruntyan:20180731211409p:plainf:id:kuruntyan:20180731211445p:plainf:id:kuruntyan:20180731212801p:plainf:id:kuruntyan:20180731211856p:plainf:id:kuruntyan:20180731213147p:plain

 ”ダブルボスラッシュ”当日。ミトムをコケコに変えてみます。良さそうだと思ったが、ランドロスが重すぎることに気づき見送り。

・最終案

f:id:kuruntyan:20180731211428p:plainf:id:kuruntyan:20180731211409p:plainf:id:kuruntyan:20180731211445p:plainf:id:kuruntyan:20180731212801p:plainf:id:kuruntyan:20180731213457p:plainf:id:kuruntyan:20180731211856p:plain

 ”ダブルボスラッシュ”が始まり、焦り始めます。コケコをブルルに変えたことで、重いテテフやランドロスに少し強くなりました。まだもう少し改善できそうだったが、時間がなかったのでこれに決定しました。

 

  以上よりこの6体を採用した構築となりました。構築の概要は以下の通りになっています。

 

f:id:kuruntyan:20180731171423p:plain

  構築名の✝魔天降臨エルゲンマネロ✝の魔天降臨は、カラマネロの「ひっくりかえす」がデュエルマスターズの摩天降臨

f:id:kuruntyan:20180731230233j:plain

というカードを連想したからです。ちなみにデュエルマスターズの知識は小学生のころにやっていたぐらいなのであまり知りません。

2.個別解説

エルフーン

f:id:kuruntyan:20180729144018p:plain

 *調整

H:ぶっぱ

D:あまり

S:特性が【すりぬけ】のため、最速

 

 調整は、いいのが思いつかなかったため、ぶっぱにしました。Sに関しては特性がすりぬけのため、できる限り上から技を打つために最速にしました。

 

*技構成

・「まもる」:様子見や「ねこだまし」から守れるように

・「うそなき」:カラマネロに打ちたかったから採用!!

・「アンコール」:「ねこだまし」などの補助技を固定することができるので

・「おいかぜ」:相手の素早さに負けないようにするため

 

 技構成は補助技オンリーになりましたが、悪くはなかったと思います。しかし、攻撃技が欲しいと思う場面もあったので「アンコール」を「ムーンフォース」などの攻撃技に変えてみてもいいと思います。「アンコール」を「あまえる」に変えて、カラマネロに打ったり、相手の攻撃を下げるのも面白そうだと思いました。

 

 特性に関しては、いたずらごころだと相手のガオガエンといった悪タイプに技を無効化されないように【すりぬけ】にしました。メガリザードンYと組み合わせるときは、【ようりょくそ】を採用しましょう。

②ゲンガー

f:id:kuruntyan:20180729144203p:plain

f:id:kuruntyan:20180729144216p:plain

*調整

H:16n-1

HB:A197メガメタグロスの爪補正込みの「じだんだ」を確定耐え

HD:C172霊獣ランドロスの「だいちのちから」を確定耐え

C:あまり

S:準速130族抜き、最速エルフーン-1

 

 調整は、耐久に厚く振りました。C以外はとても綺麗な調整にできたのはよかったのですが、耐久に厚く振ったせいでエルフーンの「うそなき」と合わせても、相手のポケモンを落とせないことがありました。もう少しCに努力値を割いてもいいと思いますが、耐久や素早さを落とすことになるので、一長一短だと思います。

 

*技構成

・「まもる」:立ち回りが窮屈にならなように

・「シャドーボール」:タイプ一致の打点

・「ヘドロばくだん」:タイプ一致の打点

・「かなしばり」:エルフーンの「アンコール」と合わせて使いたくなったので採用 

 

 技構成の「かなしばり」は、エルフーンに「アンコール」を採用しないのなら変えていいと思います。「サイドチェンジ」とかも面白そうですね。

 

 

カラマネロ

f:id:kuruntyan:20180729144320p:plain

 *調整

H:ぶっぱ

HD:特防が2段階上昇でC161コケコの手助け込みのEF10万Zを確定耐え

A:あまり

B:あまり

S:あまり

 

 調整は、これよりいいのが絶対にあると思います。AはH207バンギラスが確定で落ちないので、HAぶっぱの方がいいと思いました。

*技構成

・「まもる」:立ち回りが窮屈にならないように

・「はたきおとす」:「ばかぢから」を無効にしてくるゴーストタイプやカビゴンなどの木の実を落とすために

・「ばかぢから」:特性【あまのじゃく】とシナジーがあるので採用

・「ひっくりかえす」:今回の魔天降臨の要素、つよい

 

 技構成に関しては「ひっくりかえす」を採用した型ならこれでいいと思います。「まもる」を抜いて、「トリックルーム」を入れるのもありかも?

 カラマネロは使っていて、楽しいポケモンでした。後述するボーマンダの「じならし」や相手の【いかく】を【あまのじゃく】で能力を上げることができるのが強かったです。「ひっくりかえす」は使ってて楽しかったですし、対戦相手の方が驚いてくれたことがとても嬉しかったです。しかし、種族値と耐性が💩なので活躍する場面が少なかったことが悲しい😭。「ばかぢから」のPPは増やしておきましょう。これ大事。

 霊獣ランドロスガオガエンの「とんぼがえり」はユルサナイ😡

ボーマンダ

f:id:kuruntyan:20180729144406p:plain

*調整

H:8n-3

B:🤔

C:🤔

D:😇忘れました

S:準速ジャラランガ抜き抜き

 調整は、ごめんなさい忘れてしまいました。Sはこのままでいいと思いますが、耐久と特攻は要検討。

 

*技構成

・「りゅうせいぐん」:タイプ一致かつ「ひっくりかえす」とのシナジーがあるので

・「かえんほうしゃ」:対草タイプ、鋼タイプ用に採用

・「じならし」:カラマネロとのシナジーとS操作をかねて

・「ドラゴンテール」:対トリル、対積み用に採用

 技構成に関しては、このままで大丈夫だと思います。「ドラゴンテール」はあると便利だと思いますが、「りゅうのはどう」や「ストーンエッジ」、「ハイドロポンプ」などの他の技に変えてみてもいいかもしれません。

  チョッキボーマンダを使う前は、弱いと思っていましたが、いざ使ってみるとなかなか良かったです。カプ・レヒレが重くなってしまいますが、耐性と種族値、【いかく】が優秀なのでよく選出しました。

カプ・ブルル

f:id:kuruntyan:20180729144532p:plain

  *調整

H:16n+1

HB:(><)

HD:C182ヒードランのダブルダメ「ねっぷう」確定耐え

A:あまり

S:「おいかぜ」下でメガライボルト抜き

 

 調整はちょっと忘れちゃいました。(・ω<) テヘペロ

 火力不足だと思ったのでもっとAに振った方がいいと思います。

 

 *技構成

・「まもる」:立ち回りが窮屈にならないように。

・「ウッドハンマー」:相手に大きくダメージを与えるタイプ一致かつ高火力。

・「ウッドホーン」:「ウッドハンマー」を使わなくて倒せそうなときのために。

・「ばかぢから」:カミツルギキリキザン用。「ひっくりかえす」と相性がいい。

 技構成は、基本的な草Z持ちのカプ・ブルルになりました。技構成はこのままで大丈夫だと思いますが、もし変えるとしたら、「ウッドホーン」を他の技に変えてみるのもありだと思います。

 

ヒードラン

f:id:kuruntyan:20180729144626p:plain

  *調整

H:16n-1

HB:あまり

HD:ダウンロード対策、B<D

C:11n

S:S1ランクダウンのS実数値181(最速メガメタグロスの抜き抜き抜き)抜き

 

 調整は、このままでも悪くないかなと思いましたが、BとDの努力値をSに割くことで準速70属抜きにできるので、そちらのほうがよりいいと思いました。

 

 *技構成

・「まもる」:立ち回りが窮屈にならないように

・「ねっぷう」:タイプ一致かつ範囲技、

・「だいちのちから」:対ヒードランミラー、コケコに

・「みがわり」:あると便利だとおもったのでいれてみました。

 

 ヒードランの持ち物はシュカがいいんでシュカね?

😇😇😇

 私のセンス溢れるダジャレはさておき、なぜ「ひっくりかえす」と相性のいい「オーバーヒート」を採用しなかったといいますと、カラマネロの「ひっくりかえす」とシナジーが多すぎることに抵抗があったので技構成は、一般的なものにしました。

 技構成は、このままで大丈夫だと思いますが、カラマネロの「ひっくりかえす」と相性のいい「オーバーヒート」やボーマンダや霊獣ランドロスに大きなダメージを与える「めざめるパワー氷」、安定したタイプ一致技の「かえんほうしゃ」や「ラスターカノン」でもいいと思いました。

 

3.選出パターン

・基本選出

先発:f:id:kuruntyan:20180731211428p:plainf:id:kuruntyan:20180731211409p:plain

後発:f:id:kuruntyan:20180731212801p:plainf:id:kuruntyan:20180731211445p:plain

 これが理想の選出です。エルゲンで相手の動きを止めて、裏のマンダマネロで積んでいく展開です。選出について考察する時間がなかったので、”ダブルボスラッシュ”では相手に合わせた選出をしていたので、このような選出をすることは、ほとんどなかったです。

 

・対晴れ

先発:f:id:kuruntyan:20180731212801p:plainorf:id:kuruntyan:20180731211356p:plainorf:id:kuruntyan:20180731211409p:plain

後発:f:id:kuruntyan:20180731211856p:plain+@1

 対晴れは、このような感じです。ヒードランが鍵になってきます、大切にしましょう。

・対ゲンガエンジャラブルル

先発:f:id:kuruntyan:20180731212801p:plainf:id:kuruntyan:20180731211445p:plain

後発:f:id:kuruntyan:20180731211856p:plain+@1

 ピッピが入っていないゲンガエンジャラブルルには、有利だと思います。マンダの「りゅうせいぐん」やカラマネロの「ひっくりかえす」が刺さります。ピッピがいると勝つのは厳しいかも。

 

4.ダブルボスラッシュを終えて

 今回初めて、仲間大会に参加させていただきました。”ダブルボスラッシュ”という強い人がたくさん参加する大会に参加できて嬉しかったです。

 この構築の戦績は、2勝5敗という残念な結果でしたが、使っていてとても楽しかったことは間違いないです。順位はなんと100位でした。いや~狙った甲斐がありましたね😇。

   カラマネロ、チョッキマンダ、【すりぬけ】エルフーンを使ったのは、自分だけだったことは嬉しいですね(๑╹ω╹๑ )

f:id:kuruntyan:20180731234637j:imagef:id:kuruntyan:20180731234552j:imagef:id:kuruntyan:20180731234650j:image

 

    皆さんも「ひっくりかえす」カラマネロを使ってみてはどうでしょうか?チョッキマンダや【すりぬけ】エルフーンも忘れずにね。

 

 また、大会当日まで考察ばっかりして、構築を試さず、ぶっつけ本番で望む形になっちゃいました。悪い癖なのではやく直したいですね。

 最後に開催してくださった、ひゅう(@hyuu1047poke)さん、対戦してくださった方々ありがとうございました。

 この自己満足な記事を読んでくださった方ありがとうございます。また、近い内にVGC2018で使ってみようかな、強そうって思ったポケモンの記事を書くと思います。その記事も読んでいただけると喜びます。

 次は、GSダブルの大会にも参加したいと思っています。初心者なので教えてもらえると嬉しいです!

 それでは、またどこかで。